2009年09月18日

国家戦略局っていったい!?

鳩山政権の目玉として設置される国家戦略局には、管直人が初代担当相として任命された。
予算編成権を官から奪うという方針は大賛成できる。
いや、そもそも、大蔵省が概算を決めていたこと自体がおかしなことだったわけで、政権交代の効果である。

一方で、本来、各省で実施すべき政策は、大蔵大臣をはじめとした閣僚によって決められる。
当然ながら、政策に予算も付随する。
鳩山首相の話では、国家戦略局が決定すべきだと考えているようだが、はたしてうまくいくのか?

一般会計と特別会計をあわせた300兆円近くの国家予算をどのように配分するのか、というレベルの話になると、各省目線では決してうまくはいかない。
大局的な視点で日本の行く先を考え、各省都合はこの際無視して、思い切った決断をしていって欲しい。
posted by so-ri | Comment(42) | TrackBack(0) | 政権交代

2009年09月16日

民主党はどこへ向かうのか?

今日、鳩山政権が発足する。
管国家戦略担当相、岡田外務相、藤井財務相など、閣僚が徐々に見えてきた。
今回の閣僚人事で一番のサプライズは、亀井静香の郵政・金融担当相だ。
当初は防衛相として考えていたようだが、一転して郵政・金融担当相となった。


そもそも、公式な選挙の場において、郵政民営化を国民は否定したことが無い。
かんぽの宿問題にしても、問題がこじれたのは事実だが、民営化されなければ問題としてさえ取り上げられず、赤字を垂れ流していた。
郵政の最大の問題点は、郵貯、簡保の膨大な金を官僚が無駄遣いしてきたこと、また、国際を無限に買い支える仕組みであったはずだ。
そうした背景に対して、民主党が丸投げした亀井静香はどのような中長期的な絵を描くことが出来るのか?
単に官に戻します、では国民の理解は得られない。


民主党はいったい大きな政府と小さな政府、どちらを目指しているのか?
民主党は、そこまでして郵政の票が欲しいのか?
民主党は、やはり亀井静香の力に屈服したのか?


一方、亀井静香には、唯一郵政民営化を判断基準として争われた小泉選挙のときに、民営化に賛成した国民に対して、納得できるような方針を示してもらいたい。
小泉を目の敵にするのではなく、国民にとって一番幸せな新しい郵政を作っていって欲しい。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権交代

2009年09月08日

政権交代の成功と失敗

民主党が大勝した。


国民にとっての一番のメリットは、官僚主導ではなく、民主党の国家戦略局主導による予算編成である。
これが成功すれば、官僚の既得権益をごっそりと取り上げることができる。
一方、官僚からの概算要求をベースに調整し、国家戦略局で取りまとめて予算を作るような、骨抜きの予算策定手順になった場合には、われわれ国民にとって全く意味のない政権交代になってしまう。
国家戦略局が機能することを願いたい。


民主党にとって一番の問題は、国民新党と連立を組むことだ。
国民新党は、官僚側の組織である郵政を守ることに存在意義をおく政党である。
そんな政党と組んでいるようでは、官僚から政治を奪い取ることは出来ない。


多くの評論家や国会議員が間違えていることがある。
それは小泉改革の否定だ。
実際に、選挙においても国民は、一度も小泉改革を否定したことはない。
多くの国民は既得権益に染まった官僚と族議員を一番の問題だと考えている。
その証拠に、今回、麻生は小泉改革を否定して負けた。


そういう意味において、民主党が本来組むべき相手はみんなの党であるべきだ。
実際に、みんなの党は、結党以降マスコミへの露出が少なく、人数も少ない中で、5議席を確保している。
候補者集めやプロモーションに失敗した中で、国民の評価は高い。
いや、本来であれば、国民のために戦った渡辺氏を国民はもっと支持するべきである。
次の参院選に向けて、みんなの党が飛躍することが国民にとって一番重要なことである。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権交代

2008年09月02日

福田首相退陣と次の首相

福田首相の辞任が発表された。
これで次の首相の本命は麻生太郎氏、対抗は小池百合子氏ということらしい。

自民党幹部の方々に再度よく考えて欲しい。
麻生氏で選挙が戦えるのか?


まず第一に、失言のスペシャリストであること。
一つ一つの失言は、興味が無いためすでに忘れてしまったが、ここまで失言が多い人も珍しい。
さらには、秋葉原に行って調子に乗ったり漫画好きを公言したりと、表面上の人気取りは一歩間違えれば政権は闇である。

第二に政策が行き当たりばったりなこと。
小泉政権から自民党が一貫して実施してきた成果である財政再建を、補正予算赤字国債やむなしで無にしてしまうという、目先優先の政策。
この人に言う経済対策は、長期的なプランが無い。

第三に何も出来なさそうなこと。
この人は外務大臣として何か実績を残してきたか?
周知の事実であるように、日本の外交は力があまりにもない。
2007年まで、その日本の弱い外交のボスだった。


自民党が民主党に勝つためには、中長期的な国益の最大化に対して、どういう具体的な施策が打てるかにかかっている。
霞ヶ関の解体、政治主導政治、少子高齢化対策、環境・IT・金融分野でのリーダーシップなど。
どう考えても日本のためになるのは、上げ潮派といわれている人たちが主張する政策の推進だ。

今回、麻生氏が当選したら確実に民主党に政権がわたるだろう。
逆に小池氏などの上げ潮派が当選した場合には、国民に分かりやすく政策を伝えることができるかが焦点になる。


自民党は、もう一度、政権を維持するためには、誰がリーダーになるべきかを考えて欲しい。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党

2008年06月25日

居酒屋タクシーなんてどうでもいい!

無駄遣い撲滅プロジェクトチームの動きに疑問だ。

国交省の役人がタクシーで帰宅する際、タクシーチケットで支払う代わりにビールや現金などの金品の提供を受けていたという問題で話題になった。
確かに良くないことだが、居酒屋タクシーがいったい無駄遣いの何割を占めるのか?
確かに国民にとっては分かりやすいが、「僕たちがんばってます!だから次も投票してください!」と言うならば、話は別だ。
無駄遣い撲滅プロジェクトチームが本当にやらなければならないことは、公務員の数を適正な規模にし、天下りを完全撤廃し、特定財源を一般財源化し、公益法人をなくすことのはずだ。


もちろん、居酒屋タクシーのような細かい問題を許せといっているのではない。
その前に、国家公務員は日本を動かしていくリーダーなのだから、何百兆円に上る特別会計と一般会計の全体を念頭に進めていただきたい。
より官僚のやりたい放題となっている特別会計、なかでもその特別会計の金が流れる公益法人がメインターゲットになるのではないか?
結果として、数億円だか数十億円だかの居酒屋タクシー問題の優先度は低くなるはずだ。


でも、まぁ、タクシーの使い方についてはようやく官僚も民間レベルの意識を持ち始めたようだ。
次こそは本丸である10万人以上の役人と天下り先全体をターゲットにしていただきたい。
せっかく渡辺喜美や中川秀直が公務員制度改革を遣り通したのだから。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党

2008年06月04日

公務員制度改革こそ、ねじれ国会最大の成果だ

渡辺喜美大臣の孤軍奮闘の結果、5/28、公務員制度改革法案が衆院で可決された。
一時は頓挫しかけていたが、渡辺大臣や中川秀直元幹事長の思いに福田首相が応えた。
公務員制度改革は、道路特定財源の一般財源化以上に、日本の政治・行政の問題を根本的に解決するにあたって非常に大きい改革となる可能性を秘めている。


現在の日本はお先真っ暗だ。
高齢者は増え続ける一方、人口は減り続けている結果、医療・年金問題に解決の糸口が見つからない。
借金の総額は途方もない規模。
経済成長率は国際比較すると恥ずかしいレベル。
法人税率が高いため、金融センターとしても勝てない。
もはや、アジアをまとめる可能性がある国は中国やインドに移りかけている。

日本をそんな衰退をたどる国にしてしまった官僚中心の政治だ。
自らの保身と省益優先の官僚たちによって駄目にされた日本。
ここに初めてメスを入れることの意味は大きい。
日本を実質的に動かしてきた官僚支配政治を変えることは、会社で言えば経営陣を入れ替えるようなものだ。
資産を食い潰してて倒産状態の会社にした経営陣を一新することが可能な仕組みになった。


今回の法案可決により、日本が身内のために存在する官僚を中心とした政治から、国民に選ばれた政治家を中心とした政治に転換するきっかけを得た。
そして、政治家を中心になって明るい未来を切り開いていくことが出来るのかどうかは、時の内閣にゆだねられることになった。


政治家の方々には、国民のため省益を喜んで捨てる官僚を選んで欲しい。
そして官僚の方々には、長期的に日本が成長し続けるために、また、国民の幸せのために、今の日本に必要な手を打っていって欲しい。

2008年05月16日

政治ドラマ、CHANGEを見て

キムタク主演の政治ドラマ、CHANGEが始まった。
月曜21時からのフジテレビ、月9だ。

初回は、木村拓哉演じる朝倉啓太が政治家になるところで終わったが、非常に面白かった。
政治的には、補選なのに幹部が誰も応援演説に来なかったり、選挙プランナーの戦略がノーマルだったりと、突っ込みどころはそれなりにあったが、十分に楽しめた。
加藤ローサ演じるウグイス嬢の宮元ひかるも愛嬌があって可愛い。

ところで、このドラマを見ていると、ドラマだから許せるけど実際の政治だったら許せない点があった。

それは、朝倉啓太自信は特に政治家志望では無く、政策も無く、イチ教師でしかないにもかかわらず、2世というだけで政治家に担がれていく様だ。
実際の政治の世界では、どのように候補者を選んでいるのだろうか?

政治家を見ていても、大半はデキル人だが、デキナイ人もいる。
いや、デキル、デキナイ以上に、国をどうしていきたいかという意思がない人間が問題だ。
そういう人間が政治家をやると、さらに変に仕事がデキルと、私利私欲に走る。

国のことを本当に考える人に政治家になってほしい。
そういう人間であれば、政治家の給与はもっと高くしてもいいと思う。
ただし、今の定員は多すぎだ。
根拠が見えない。
役人と同じ。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月12日

あくまでも道路特定財源にこだわる幹事長

いったい、なぜ彼は自民党幹事長という立場でありながら、道路特定財源にこだわるのだろうか?

「税制争点に総選挙を」伊吹氏が改正論議の前倒しに言及

国民は道路特定財源の一般財源化に賛成しており、暫定税率の廃止にも賛成している。
道路特定財源の一般財源化は、そんな世論の後押しを受けて、自民党の福田首相が周囲の重圧にもめげず、押し通した。
ようやく、一般財源化で自民・民主、両党の方向性が合致したのに、なぜこの人は、話をゼロにして戻そうとするのか?

これまで官僚の言いなりになり、国民に負担を強いてきた自民党の重鎮が、今更、税制の改正などという言葉をよく言えたものだ。
ねじれ国会が始まる前、過去何十年もの間、自民党には税制を考え直す機会はいくらでもあったではないか?

自民党衆院の圧倒的名議席は、小泉氏が郵政民営化という改革をすることに国民が同意したからこそ、得たものだ。
国民は、大蔵省出身の伊吹氏のような古い自民党は望んでいない。

2008年04月28日

自民党は山口2区敗戦の理由をきちんと認識すべき

山口2区の衆院補欠選挙で民主党が自民党に大差をつけて勝利した。
選挙の前からわかりきっていた結果に落ち着いたが、自民党の幹部はその原因を未だにわかっていないようだ。

与党、歳入関連法案の再議決方針は変えず 山口2区補選敗北

伊吹幹事長は、「後期高齢者医療制度の説明が不十分、不適切だった」と発言。


自民党が補選に負けたのは、後期高齢者医療制度の説明不足でもネーミングセンスでもない。
真の原因は、官僚の方ばかりを見て、国民のことを見ていないことだ。
自民党の幹部たちは、後期高齢者医療制度を導入した小泉首相が衆院選で小泉チルドレンを大量に当選させ、圧勝したことを覚えていないのか?


政府は、道路族と国交省の役人の顔を見て道路特定財源の一般財源化を閣議決定していない。
さらには、首相の言った事に反する10年59兆円を無理やり通そうとする。
また、町村官房長官らの政府中枢は霞ヶ関の解体、地方分権、天下りの撤廃など、一番大事な施策であるはずの行政改革・公務員制度改革を担当している渡辺喜美大臣の足を引っ張ってばっかりである。

こんな自民党に誰が投票するのか?
これで選挙を戦おうというのだから、「国民は役人に比べたらどうせバカだから何とかなるかも」とでも思っているのではないか?

伊吹氏、古賀氏、町村氏、今回の選挙でのこの3名の責任は重い。そろそろ自分たちの誤りを認めて責任をとるべきでは?
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党

2008年04月22日

消費者庁の創設にあたって福田内閣へ期待すること

福田首相が消費者庁創設の方向で動いている。

Iza 福田首相、「消費者庁」創設表明へ

各省庁からの権限委譲はゼロ回答。
この国の役人は、消費者庁の意図を理解していないのか、はたまた、利権にすがりたいのか。

明らかに消費者庁でやるべき業務があるはずだ。
この際、そういった業務を遂行しているにもかかわらずゼロ回答をしてくる省庁については、トップを含めて最低10人ずつ解雇するという脅しをあわせて行うのはどうだろう?
もちろん、役人をコントロールできていない大臣も含めてだ。
役人たちは公務員の義務である、「職務遂行・職務専念義務」、「服命義務」に反していると考えられるため、解雇してしまえばいい。
最悪、個人に成り下がった役人と、国が裁判でもすればいい。


消費者庁創立にあたって、@各省庁から大胆に権限を委譲し、A関連する業務を各省庁から無くし、B業務の効率化による人員の削減する。
福田内閣には、この3点を確実に実施してほしい。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。