2008年03月04日

社会保険庁によって意図的に年金記録が削除(怒)

昨日、TVタックルを見ていた。
ビートたけしや大竹まことが出てきて、政治家を呼んで討論をやってる番組だ。
そこには、よくテレビに出てくる自民党大村参議院議員民主党長妻衆議院議員が出てきた。

長妻議員が言うには、社会保険庁の幹部3人が過去に意図的に年金記録を消したことがあったらしい。そいつらを国会に呼べと大村議員に言っていた。
世間的に、というか、誰が考えても、責任追及をするべきはずだ。個人的には、殺人なんかより悪質だと思う。迷惑をかけた人数、金額、社会的責任のレベルが違う。

しかしながら、自称熱血改革派(ホームページより)の大村議員は拒否しているようだ。
ていうか、この人、改革派?何を改革したいの?どちらかというと、熱血既得権益派ではないのか?(笑)
まあ、自民党は官僚の言いなりで、その党を代表してテレビに出てるから仕方が無いのかもしれないけど。

とりあえず、この社会保険庁の年金問題については、次の4つぐらいは屋って欲しい。

・第三者委員会は、すべて国民の主張を受け入れ、その分社会保険庁職員の給料を減らす。当然、給料で足らなかったら資産差し押さえ。それでも足らなかったら、退職した人の資産差し押さえ。
・各省庁からエースを強制出向
・年金特別大臣を設けて長妻議員を指名
・年金システムの統括者を民間のエリートから引き抜く


熱血改革派ならそのぐらいできるだろう。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 年金問題

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。