2008年03月10日

出た!せっかくの公務員制度改革が自民党得意の骨抜きに!

渡辺行政改革担当相の改革を国民の一人として期待して見てきた。
彼が言っていることが全て実行されれば、日本の官僚主導政治が大きく変わるのでは?という期待があった。

ところが、今日のニュースを見てびっくりした。

まったく意味無いじゃん!

またしても抵抗勢力町村官房長官によるお得意の骨抜きだ。
IZAによれば、担当閣僚は、官房長官=町村氏!!改革に一番反対してそうな人が担当閣僚だ!
さらに、幹部人事の原案は各府省の閣僚が作成、人事庁の役割は助言らしい。

頼むから、助言のためにこれ以上ポストと無駄遣いを増やさないで欲しい。
どうせ何も変わらないのだから。

福田総理は何がやりたいのか?
抵抗勢力の言いなりでいいのか?
日本の将来を真剣に考えているのか?

今回の公務員制度改革は、年金問題や道路問題と比べて非常に分かりにくい性質の改革だとは思うが、非常に重要な改革であるはずだ。
頼むから、本気で改革を実施して欲しい。

内閣人事庁とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。