2008年06月25日

居酒屋タクシーなんてどうでもいい!

無駄遣い撲滅プロジェクトチームの動きに疑問だ。

国交省の役人がタクシーで帰宅する際、タクシーチケットで支払う代わりにビールや現金などの金品の提供を受けていたという問題で話題になった。
確かに良くないことだが、居酒屋タクシーがいったい無駄遣いの何割を占めるのか?
確かに国民にとっては分かりやすいが、「僕たちがんばってます!だから次も投票してください!」と言うならば、話は別だ。
無駄遣い撲滅プロジェクトチームが本当にやらなければならないことは、公務員の数を適正な規模にし、天下りを完全撤廃し、特定財源を一般財源化し、公益法人をなくすことのはずだ。


もちろん、居酒屋タクシーのような細かい問題を許せといっているのではない。
その前に、国家公務員は日本を動かしていくリーダーなのだから、何百兆円に上る特別会計と一般会計の全体を念頭に進めていただきたい。
より官僚のやりたい放題となっている特別会計、なかでもその特別会計の金が流れる公益法人がメインターゲットになるのではないか?
結果として、数億円だか数十億円だかの居酒屋タクシー問題の優先度は低くなるはずだ。


でも、まぁ、タクシーの使い方についてはようやく官僚も民間レベルの意識を持ち始めたようだ。
次こそは本丸である10万人以上の役人と天下り先全体をターゲットにしていただきたい。
せっかく渡辺喜美や中川秀直が公務員制度改革を遣り通したのだから。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党

2008年06月04日

公務員制度改革こそ、ねじれ国会最大の成果だ

渡辺喜美大臣の孤軍奮闘の結果、5/28、公務員制度改革法案が衆院で可決された。
一時は頓挫しかけていたが、渡辺大臣や中川秀直元幹事長の思いに福田首相が応えた。
公務員制度改革は、道路特定財源の一般財源化以上に、日本の政治・行政の問題を根本的に解決するにあたって非常に大きい改革となる可能性を秘めている。


現在の日本はお先真っ暗だ。
高齢者は増え続ける一方、人口は減り続けている結果、医療・年金問題に解決の糸口が見つからない。
借金の総額は途方もない規模。
経済成長率は国際比較すると恥ずかしいレベル。
法人税率が高いため、金融センターとしても勝てない。
もはや、アジアをまとめる可能性がある国は中国やインドに移りかけている。

日本をそんな衰退をたどる国にしてしまった官僚中心の政治だ。
自らの保身と省益優先の官僚たちによって駄目にされた日本。
ここに初めてメスを入れることの意味は大きい。
日本を実質的に動かしてきた官僚支配政治を変えることは、会社で言えば経営陣を入れ替えるようなものだ。
資産を食い潰してて倒産状態の会社にした経営陣を一新することが可能な仕組みになった。


今回の法案可決により、日本が身内のために存在する官僚を中心とした政治から、国民に選ばれた政治家を中心とした政治に転換するきっかけを得た。
そして、政治家を中心になって明るい未来を切り開いていくことが出来るのかどうかは、時の内閣にゆだねられることになった。


政治家の方々には、国民のため省益を喜んで捨てる官僚を選んで欲しい。
そして官僚の方々には、長期的に日本が成長し続けるために、また、国民の幸せのために、今の日本に必要な手を打っていって欲しい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。