2008年09月02日

福田首相退陣と次の首相

福田首相の辞任が発表された。
これで次の首相の本命は麻生太郎氏、対抗は小池百合子氏ということらしい。

自民党幹部の方々に再度よく考えて欲しい。
麻生氏で選挙が戦えるのか?


まず第一に、失言のスペシャリストであること。
一つ一つの失言は、興味が無いためすでに忘れてしまったが、ここまで失言が多い人も珍しい。
さらには、秋葉原に行って調子に乗ったり漫画好きを公言したりと、表面上の人気取りは一歩間違えれば政権は闇である。

第二に政策が行き当たりばったりなこと。
小泉政権から自民党が一貫して実施してきた成果である財政再建を、補正予算赤字国債やむなしで無にしてしまうという、目先優先の政策。
この人に言う経済対策は、長期的なプランが無い。

第三に何も出来なさそうなこと。
この人は外務大臣として何か実績を残してきたか?
周知の事実であるように、日本の外交は力があまりにもない。
2007年まで、その日本の弱い外交のボスだった。


自民党が民主党に勝つためには、中長期的な国益の最大化に対して、どういう具体的な施策が打てるかにかかっている。
霞ヶ関の解体、政治主導政治、少子高齢化対策、環境・IT・金融分野でのリーダーシップなど。
どう考えても日本のためになるのは、上げ潮派といわれている人たちが主張する政策の推進だ。

今回、麻生氏が当選したら確実に民主党に政権がわたるだろう。
逆に小池氏などの上げ潮派が当選した場合には、国民に分かりやすく政策を伝えることができるかが焦点になる。


自民党は、もう一度、政権を維持するためには、誰がリーダーになるべきかを考えて欲しい。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。