2009年09月08日

政権交代の成功と失敗

民主党が大勝した。


国民にとっての一番のメリットは、官僚主導ではなく、民主党の国家戦略局主導による予算編成である。
これが成功すれば、官僚の既得権益をごっそりと取り上げることができる。
一方、官僚からの概算要求をベースに調整し、国家戦略局で取りまとめて予算を作るような、骨抜きの予算策定手順になった場合には、われわれ国民にとって全く意味のない政権交代になってしまう。
国家戦略局が機能することを願いたい。


民主党にとって一番の問題は、国民新党と連立を組むことだ。
国民新党は、官僚側の組織である郵政を守ることに存在意義をおく政党である。
そんな政党と組んでいるようでは、官僚から政治を奪い取ることは出来ない。


多くの評論家や国会議員が間違えていることがある。
それは小泉改革の否定だ。
実際に、選挙においても国民は、一度も小泉改革を否定したことはない。
多くの国民は既得権益に染まった官僚と族議員を一番の問題だと考えている。
その証拠に、今回、麻生は小泉改革を否定して負けた。


そういう意味において、民主党が本来組むべき相手はみんなの党であるべきだ。
実際に、みんなの党は、結党以降マスコミへの露出が少なく、人数も少ない中で、5議席を確保している。
候補者集めやプロモーションに失敗した中で、国民の評価は高い。
いや、本来であれば、国民のために戦った渡辺氏を国民はもっと支持するべきである。
次の参院選に向けて、みんなの党が飛躍することが国民にとって一番重要なことである。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権交代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127545652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。