2008年03月13日

国土交通省を許すな!無駄遣いの出来ない仕組みを導入せよ!

またしても、国交省に対して腹が立つ記事を見た。

<国交省>「無駄遣い」批判で都内イベント一部中止に

またもや国交省がとんでもない無駄遣いをしようとしていたようだ。
なんと、治水PRが目的のはずが、おしりかじり虫や仮面ライダーのステージショーだ。
昨今の批判を受けて、さすがに一部のイベントを中止したらしい。


そもそも何で彼らは無駄遣いをするのだろうか?

10年で59兆円という目の前の予算を守るためには、何としてでも予算を使い切る必要がある。
既得権益を手放したくないが故、国民の大事なお金を私利私欲のために、とくにく使う。
そのため、こんな無駄なイベントを企画しているのだ。

そんな国交省は、国民にとって間違いなく不要だ。
国民の代表として国交省の先頭に冬柴大臣は仕事をしていないと言われても仕方が無い。

こういった状況を改善するためには、国民が役人を訴える制度が必要だ。
誰もが思っている。
金を返せ!と。

ただし、今回の問題は、59兆円から見たら、たかだか3000万円程度だ。
個人的には、仕事をきちっとしてくれたらそんなことは見逃してもいい。
一番重要なことは、道路建設コストを欧米並みの水準にすることだ。

日本の道路建設費は高すぎる。
同じ距離の道路を欧米では5分の1のコストで作っている。
日本も同じように、妥当なコストで道路を作らせる必要がある。
そして、59兆円のうち、48兆円を一般会計に返す。

腐敗しきった官僚主導の日本では、同じモノを安く作ろうという発想が無い。
安く作ったら、予算を減らされてしまうからだ。
こういった仕組み自体を抜本的に変える必要がある。
でなければ、われわれ国民の怒りを納めることなど出来ないだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。