2008年03月21日

福田内閣の迷走

福田首相の支持率が低下の一途をたどっている。

Iza:福田内閣危篤状態 与党内からも「終わり」の声

道路問題では暫定税率の延長に失敗し、日銀の次期総裁は決められず、国民からも見放されている。
福田首相は悲惨だな、と思うときがある。なぜなら、参議院で与党で過半数を確保できなかった上記のうち2点は、ツケであり、安部政権自体の産物だからだ。

しかしながら、同時に、やっぱりなと思う。たとえ参院で過半数を確保できていない状態でも、福田首相が官僚の目線ではなく国民の目線で政治を真剣に考えた上で、リーダーシップを発揮していればこうはならなかったはずだ。

道路問題では国交省の役人の顔色をうかがった結果、小泉政権が決めた一般財源化の方針を特定財源のままに戻した。
日銀総裁の決定についても同様、財務省のいいなりの人事をしようとした結果だ。

なぜ、ここまで危機的な状況になっているにもかかわらず、役人の顔色をうかがうのか?
霞ヶ関のパワーが政界を凌駕している証拠なのだろう。

こんな官僚主導の日本の状況で、政治主導の政策決定を実行していくのは並大抵のことではない。
小泉首相でさえ、道路公団民営化は失敗した。民営化したにもかかわらず、国交省は利権を維持した。
安部首相は、志は良かったが、実が伴わなかった。

強靭な霞ヶ関を一刀両断できる実行力とリーダーシップを兼ね備えたリーダー。
そんなリーダーを国民は求めている。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90332075

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。