2008年03月24日

歳入関連法案、いよいよ大詰め

3月末で期限切れとなる歳入関連法案がいよいよ大詰めだ。
しかしながら、この時期にきても、相変わらず福田首相は指導力の欠片も見せない。

あえて空気読まない?福田「4月危機」いよいよ現実味

なぜこの人は、いつも役人やら族議員のいいなりなのか?
今回の敵は国土交通省と古賀誠。
首相は彼らを抑えて国民のために方針を示す必要がある。
暫定税率撤廃は百歩譲って延長したとしても、一般財源化を拒否する理由はどこにもないはずだ。
それが一国の主というものではないのか。

頼りない首相は置いておいて、ここは民主党にがんばっていただきたい。
今回の道路特定財源問題について、多くの国民が民主党に期待しているのだから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90687791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。