2008年03月27日

緊急記者会見は50点

福田首相が、21年度からの道路特定財源の一般財源化の発表があった。

Yahoo!<道路特定財源>09年度からの一般財源化を表明 福田首相

Iza 道路特定財源を全額一般財源化 首相表明、21年度から

個人的な評価は50点だ。

50点分はまるまる一般財源化を明確に表明したこと。これだけが評価対象だが、意味は比較的大きい。

一方今回の表明では、国民として納得がいかない点、不信感を持つ点が多々ある。

1、地方財政や国民生活の混乱を回避するため、平成20年度歳入法案の年度内成立
2、道路関連公益法人や道路整備特別会計関連支出の徹底的な無駄の排除
3、道路特定財源制度は今年の税制抜本改正時に廃止し、21年度から一般財源化
4、暫定税率分も含めた税率は、環境問題への国際的な取り組み、地方の道路整備の必要性、国・地方の厳しい財政状況を踏まえて検討
5、道路の中期計画は5年として新たに策定
6、新たな整備計画は、20年度道路予算の執行にも厳格に反映。20年度予算における一般財源としての活用は、民主党から現実的な提案があれば協議に応じる
7、与野党協議会を設置し、一般財源として使途のあり方、道路整備計画などを協議・決定

このうち、納得がいかないのは、2、4、5だ。

2は、「徹底的な」という表現が具体的でない。「最低50%の」のように、数値を用いた表現が必要だ。この表現では信頼できない。

4は、道路族の未練が見え隠れする。環境と道路は別で考えるべきだ。自民党は、困るとすぐに、「環境が・・」とか「開かずの踏切が・・」などと言う。未練がましいことこの上ない。

5は、当たり前の話、5年も不要だ。1年で十分だろう。

さて、民主党は、どう出るか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91237447

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。