2008年04月04日

道路族の巻き返し

せっかく総理が一般財源化を決めたのに、利権大好き道路族の反撃が始まった。

Iza 道路族巻き返し「地方の声」が武器 各派領袖も沈静化にあたふた


「地方の声」とされているが、どこまで本当に地方の声なのだろうか。
仮に、一般財源化を指示したとして、万が一特定財源として残った場合、国交省がその利権を持つ。
つまり地方は、立場上、一般財源化に賛成することは出来ない。


東国原宮崎県知事なども一般財源化への反対をテレビで叫んでいる。
彼の言いたい、「宮崎に道路が無いのは不公平じゃないか!宮崎に道路ができるまでは道路財源を維持してくれ!」という話は分からなくもない。
かわいそうだが、宮崎県には有力な自民党の政治家がいなかったのだろう。

仮に一般財源化の時期が延びれば、東国原知事の功績を認め、国交省は宮崎県の道路予算を優遇するはずだ。
戦略としては間違っていないが、国全体のことを考えてほしい。
道路財源など維持しなくても、地方分権の進め方を調整して、道路の不公平感をなくしながら地方分権を進めるルールを作ればいいだけだ。
方法など、いくらでもある。
東国原県知事が、代替案を提示しない理由は、仮に一般財源化が延長した場合のことを考えて、というのが見透かされている。


霞ヶ関から地方へ
この流れを止めなければ、この国は官僚に食いつぶされてしまう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92161455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。