2008年04月28日

自民党は山口2区敗戦の理由をきちんと認識すべき

山口2区の衆院補欠選挙で民主党が自民党に大差をつけて勝利した。
選挙の前からわかりきっていた結果に落ち着いたが、自民党の幹部はその原因を未だにわかっていないようだ。

与党、歳入関連法案の再議決方針は変えず 山口2区補選敗北

伊吹幹事長は、「後期高齢者医療制度の説明が不十分、不適切だった」と発言。


自民党が補選に負けたのは、後期高齢者医療制度の説明不足でもネーミングセンスでもない。
真の原因は、官僚の方ばかりを見て、国民のことを見ていないことだ。
自民党の幹部たちは、後期高齢者医療制度を導入した小泉首相が衆院選で小泉チルドレンを大量に当選させ、圧勝したことを覚えていないのか?


政府は、道路族と国交省の役人の顔を見て道路特定財源の一般財源化を閣議決定していない。
さらには、首相の言った事に反する10年59兆円を無理やり通そうとする。
また、町村官房長官らの政府中枢は霞ヶ関の解体、地方分権、天下りの撤廃など、一番大事な施策であるはずの行政改革・公務員制度改革を担当している渡辺喜美大臣の足を引っ張ってばっかりである。

こんな自民党に誰が投票するのか?
これで選挙を戦おうというのだから、「国民は役人に比べたらどうせバカだから何とかなるかも」とでも思っているのではないか?

伊吹氏、古賀氏、町村氏、今回の選挙でのこの3名の責任は重い。そろそろ自分たちの誤りを認めて責任をとるべきでは?
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94950294

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。