2008年05月16日

政治ドラマ、CHANGEを見て

キムタク主演の政治ドラマ、CHANGEが始まった。
月曜21時からのフジテレビ、月9だ。

初回は、木村拓哉演じる朝倉啓太が政治家になるところで終わったが、非常に面白かった。
政治的には、補選なのに幹部が誰も応援演説に来なかったり、選挙プランナーの戦略がノーマルだったりと、突っ込みどころはそれなりにあったが、十分に楽しめた。
加藤ローサ演じるウグイス嬢の宮元ひかるも愛嬌があって可愛い。

ところで、このドラマを見ていると、ドラマだから許せるけど実際の政治だったら許せない点があった。

それは、朝倉啓太自信は特に政治家志望では無く、政策も無く、イチ教師でしかないにもかかわらず、2世というだけで政治家に担がれていく様だ。
実際の政治の世界では、どのように候補者を選んでいるのだろうか?

政治家を見ていても、大半はデキル人だが、デキナイ人もいる。
いや、デキル、デキナイ以上に、国をどうしていきたいかという意思がない人間が問題だ。
そういう人間が政治家をやると、さらに変に仕事がデキルと、私利私欲に走る。

国のことを本当に考える人に政治家になってほしい。
そういう人間であれば、政治家の給与はもっと高くしてもいいと思う。
ただし、今の定員は多すぎだ。
根拠が見えない。
役人と同じ。
posted by so-ri | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96943238

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。