2008年04月10日

2008/3/9の党首討論で議論から外れた財金分離

昨日、福田首相と小沢代表による党首討論が行われた。

Yahoo!党首討論 主なやりとり

Iza 詳細 【党首討論詳報(2)】福田首相「その前にですね、ひとつお尋ねしたいことが…」

最近の民主党はどうもチグハグしている。
原因は小沢代表だろう。


財務省出身者を日銀に入れること自体には、個人的には反対だ。
しかしながら、今回のケースは俗に言う天下りとは異なる。


今、問題になっているのは、能力のない人間、または、仕事をやる気がない人間が、省庁傘下の必要の無い組織に天下って、能力に見合わない給与・退職金を得ていることだ。
その事実に国民は怒っている。

一方、少なくとも日銀は日本にとって必要な組織だ。
能力のある人間が、それを認められたうえで、重要なポストにつく分には、国民は怒らないはずだ。

財金分離とは、金融政策をつかさどる中央銀行と財政政策をつかさどる財務省の分離だ。
金融政策は金利とマネーサプライのコントロール、それに対して財政政策は国の財政のコントロールであるため、利害が反する。


民主党は、一貫して財金分離の原則を主張すべきであった。
誰も日銀副総裁の決定を天下りとは思わないのに、天下りとか言い出すから、政局だと言われてしまう。

2008年03月12日

日銀総裁は武藤氏でいいのか?

日銀総裁人事が難航している。
与党が武藤氏を押しているが、参院で過半数を握る野党が譲らない。

民主党は、日銀が財務省に対して独立性を保つために、財務省出身の武藤氏には反対している。

日銀総裁人事 民主不同意 反財務省と団結優先

この問題については、基本的には民主党の武藤氏反対という主張に賛成だ。

民主党の中川正春氏の言う、
「武藤氏が財務省にいたころ、285兆円の国債を発行し財政規律がおかしくなった。」
というコメントを見て、国民感情的に許せないと思った。
武藤氏が財務省で役人をやっている期間に、国民一人当たり約300万円もの借金を増やしたのだ。
大蔵出身の武藤氏が日銀総裁をやる前に、285兆円をその期間に大蔵官僚をやっていた人々の個人負担で返してからにしてほしい。

一方で、超低金利政策の否定はどうだろうか?
この800兆円オーバーの赤字国債を普通の金利(たとえば5%)で償還していくことは不可能だ。
結果、財務省が赤字をたくさん作ったことが問題であって、日銀は結局その赤字総額を見ながら金利をコントロールしていくことしか出来なかった。
つまり超低金利は、赤字国債がありすぎることに対してとらざるを得なかった対応だ。

いずれにせよ、財務官僚に日銀総裁を任せるべきではない。
というより、そもそも時分たちの利権にしか興味が無く、信頼できない日本の財務官僚にこれ以上任せるわけにはいかない。
財務大臣にせよ、日銀総裁にせよ、国策の中でも一番大事な人事であるため、アメリカのルービン元財務長官のように、民間から最適な人間を連れてくることを考えるべきだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。